fc2ブログ
塾講師で行政書士の 徒然日記
仕事に関係あることやないこと、趣味の神社巡りやその時その時に感じたこと、思ったことを気ままに綴ってます。業務に関しては、本ブログのリンクから当事務所のホームページをご覧ください。
06 | 2014/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

必須研修会
この週末、行政書士の必須研修会なるものに参加してきました。

これは、入会後5年以内に受講しなければならないのですが、どうせ暇なんだし、ということで、初年に受講です。

しかし、この研修会、土日それぞれ朝から夕方までみっちりあったので、実際のところ疲れました…
少人数でのディスカッションがあったりして、有意義ではあったんですけどね。


さて、会はこんな資料たちを使って進んでいきました。

必須研修会

これらは一部ですが、メインになる緑の冊子がなかなかにボリューミーです。


内容は実務ではなく、倫理や業際問題をはじめとする、これから業務を進めていく上で注意すべきことに関するものが中心でした。

業際問題とは、他の士業さん(弁護士さん、司法書士さん、税理士さんなど)との業務の境目のことです。
行政書士の業務は、基本的に他の士業さんの独占業務以外の業務すべて、というスタンス。
つまり、他の士業さんはできる業務がしっかり法律に記載されてあるので把握しやすいのですが、行政書士はパッと見ても分かりづらいんです。
なので、我々、行政書士は、我々の業務の根本になる行政書士法はもちろん、他の士業さんたちの業務を定める法律も知っておく必要があり、それを怠り、他の士業さんの独占業務に手を出してしまうと、お叱りを受けるということになります。

これを把握しておくことは、自分の身を守ることにつながるわけですが、依頼者の利益にもつながります。行政書士では手を出せない業務を持ってこられた時に、的確に正しい筋道を示すことができるからです。
ただ、何でもかんでも丸投げでは、「じゃあ、行政書士て仲介所?」ということにもなりかねませんし、せっかく頼ってきてくれた依頼者にも申し訳ないですよね。
では、どうするのか。
行政書士としてできる部分があれば、そこは自分でこなし、できない部分を他の士業さんにお願いする。つまり連携して業務を行うということです。もちろん、そういう風に途中から他の士業さんに任せることになることを、事前に依頼者に説明しておくことを忘れてはいけません。

そのためにも、他士業さんとのつながりは大切なんですね。
まあ、これに関してはすでに体験済みなので、理解はしているつもりです。


そんな感じで、会も無事に終了。

そして、この研修会でちょっとしたサプライズが。

今回の研修会、様々なテーマごとに講師になる先生方が異なりました。これは別に普通なんですが。
その中で見覚えのある名前が。
名字だけなので、別に気に留めていなかったのですが、なんとその方、昔の教え子のお母様でした。
昔、授業をしていた生徒のお母様に今回は私が教えてもらう立場に…。
何だか妙な気持になりながら受講していました。
向こうも私のことを分かってくれていたようで、私が行政書士を始めたというのを、また別の卒業生のお母様から伺ったとのことでした。結構認知されているのかと嬉しくもあり、驚きでもありました。

というわけで、私にとっては色々と盛り沢山な研修会となりました。


スポンサーサイト



テーマ:仕事日記 - ジャンル:日記



プロフィール

伊藤 淳

Author:伊藤 淳
ブログはボチボチ更新中。
趣味は、フットサル、神社巡り、音楽鑑賞(主にHR/HM、アニソンなど)。
現在、行政書士として、京都、奈良を中心に活動中。京都府木津川市の進学ゼミエストという塾で塾講師もやっています。
行政書士業務については、リンクより当事務所のホームページをご覧ください。


リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR