FC2ブログ
塾講師で行政書士の 徒然日記
仕事に関係あることやないこと、趣味の神社巡りやその時その時に感じたこと、思ったことを気ままに綴ってます。業務に関しては、本ブログのリンクから当事務所のホームページをご覧ください。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成年後見制度「コスモスきょうと」入会前研修 その2
先日、おなじみ?コスモス成年後見サポートセンターの京都支部
「コスモスきょうと」の入会前研修へ参加してきました。

内容は「法定後見の基礎と理解」「任意後見の基礎と実務」について。

内容のタイトルが微妙に違うのは
「法定後見」に関しては、基本的に我々が受けるものではありません
「任意後見」に関しては、我々が受けることができるという違いからで、
そのため、「理解」と「実務」の部分が文言が異なっているんです。


そして、法定後見は受任できない、とはいえ、依頼者の多くは恐らく「後見制度」そのものへの理解が乏しく、「法定」と「任意」の違いになると、余計に分からなくなると思われます。
そのため、相談を受けたとき、まず、本人の状況を確認し、状態によってどちらがふさわしいかを判断する必要があるわけです。
そして、「法定後見」が必要だということになれば、我々では受任できないという理由で放り投げるのではなく、以前の依頼者さんのお話の時のように、解決への道筋を示すことも必要だし、大事だと思っています
そういった理由から、この「法定後見」に関する理解も必要になるんですね。




さて、「法定後見」「任意後見」の違いについては、以前、かなり大雑把に
「法定後見」は本人の判断能力が無くなった後で裁判所への申し立てで開始する
「任意後見」は本人の判断能力がある内に無くなった後のことを契約で決めておく
といった感じで記載しました。

その中でも「任意後見」については、後見を始める際には、結局、裁判所への申し立てが必要になります
またさらに以下の3つのタイプに細分化されます。
 即効型…既に判断能力が低下しているため、契約後すぐに後見を始める。
 将来型…判断能力がある内に内容を契約で決め、判断能力が無くなったらその内容で後見を始める。
 移行型…判断能力がある内から様々な行為の代理を委任し、判断能力がなくなったら後見を始める。


ただ、これらには、それぞれ長所短所があります。例えば、
 即効型…すでに判断能力が低下してきている中での契約になるので、契約そのものが無効になってしまう
      可能性がある。

 将来型…契約から後見開始まで時間差があり、その期間が長くなると、依頼者との関係悪化・疎遠などに
      よって契約が発効できない可能性が出てくる。

 移行型…後見開始前から委任契約により様々な行為の代理がすでにできてしまうので、本人の判断能力
      が低下した後でも、裁判所に後見開始を申し立てずに業務を続けてしまう恐れがある。

といった感じです。


「コスモスきょうと」としては、移行型での契約をすすめているようです。
確かに移行型であれば、後見開始前から自然と本人と接する機会も多くなり、信頼関係も築け、後見の開始へもスムーズに移行していくことができるのでしょうね。
そして、この移行型の後見開始前の委任契約を「生前の事務委任契約」といい、
移行型は、この「生前の事務委任契約」「任意後見契約」を同時に結ぶことになります。
(即効型・将来型は「生前の事務委任契約」はなく、「任意後見契約」のみ)

さらに、移行型では、「生前の事務委任契約」「任意後見契約」に加えて「死後の事務委任契約」もセットで結ぶこともあります。
この「死後の事務委任契約」には、死亡届、債権・債務の整理、その他の身辺整理等を行い、相続人に相続財産を引き渡すまでが含まれます。




こういったことを、依頼人=本人とじっくり話し合い、内容を決めていきます。
そして、話し合った内容は、「コスモスきょうと」とまず事前協議をし、チェックがなされます。
契約後の定期的な書類提出もそうですが、このようにして、しっかりとしたチェック体制もとっています。
そして、もし、依頼を受けたコスモス会員の行政書士が、死亡など何らかの理由で業務を続けられなくなった場合、別の後見人を立てるというフォロー体制もあります。この辺りは、組織に属することの強みですし、依頼人への安心にもつながるのではないかと思います。

そして、判断能力がなくなり、後見が開始された後の本人のライフスタイルの希望についても聞いておきたいですね。
生活習慣から、食べ物の好き嫌い、そして相続や医療、祭祀に関する事柄まで、できうる限り本人の希望に沿えるように努力すべきです。
何度も研修で言われ、ここでも書いてきているように、後見制度は本人の幸せのための制度ですから。

ですので、もしもの時のため、自分らしく、自分の望むような生活を送りたいという希望をお持ちなら、こういった道も検討されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:仕事日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hummingbird322.blog.fc2.com/tb.php/18-2f90bb2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

伊藤 淳

Author:伊藤 淳
ブログはボチボチ更新中。
趣味は、フットサル、神社巡り、音楽鑑賞(主にHR/HM、アニソンなど)。
現在、行政書士として、京都、奈良を中心に活動中。京都府木津川市の進学ゼミエストという塾で塾講師もやっています。
行政書士業務については、リンクより当事務所のホームページをご覧ください。


リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。