FC2ブログ
塾講師で行政書士の 徒然日記
仕事に関係あることやないこと、趣味の神社巡りやその時その時に感じたこと、思ったことを気ままに綴ってます。業務に関しては、本ブログのリンクから当事務所のホームページをご覧ください。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民法の大改正
約120年ぶりの民法の大幅な改正が迫ってきています。


民法の改正と言えば、昨年も改正がありました。

それは相続に関する事柄で、以下の条文です。
【旧】
民法第900条 四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし
           嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし
、父母の一方のみを同じく
            する兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

この条文の赤文字の部分が削除され、現在、

【新】
民法第900条 四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、
            父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の
            二分の一とする。

となっています。

「嫡出でない子供(非嫡出子)」とは、婚姻関係にない夫婦の間の子供のことです。

親が結婚しているかしていないかで、子供の相続分が変わるのは、法の下の平等を謳う憲法に違反しているのではないか、という訴えがあり、昨年それが認められ、「嫡出子」も「非嫡出子」も相続分は等しい、ということになったんですね。
ただ、平成7年の判例では、この差は「法律婚の尊重」と「非嫡出子の保護」との調整を図ったものなので合理的理由のない差別とは言えない、とのことで認められていませんでした。

しかし、平成に入ってからの「晩婚化」「核家族化」等の進行による社会情勢の変化を鑑みて、昨年、その判断に変化が出てきたようです。



時が変われば社会の様子も変わります。
やはり、それに合わせて、我々の生活の基盤になる憲法や法律も変わっていくべきでしょう。



そこで、今回の「民法大改正」。
主な注目点をいくつか。

①賃貸契約の「敷金」を定義
    何にどれだけ使われているのか分からず、基本的に帰ってこないもの、とすら思っていた(少なくとも私は)敷金
   ですが、何らかの形でこれを明確に定義し、契約が終わった時に返還する義務を負わせるものとなるようです。
    また、借り主の原状回復義務についても、通常の使用による傷みや経年劣化によるものは借り主が負担しな
   くてもよくなる、とのことです。これで無用なトラブルを避けられると良いですね。

②企業融資の際の連帯保証で、「個人」が保証人になることを原則禁止
    これによって、断りきれず、また、よく考えずになってしまった連帯保証のせいで、その保証人が多額の借金を
   背負ってしまう、という事態を避けることができます。
    ただ、これは「原則」であって、事前に公証人の前で、本人にがその意思を発し公正証書を作成した場合は、個
   人による連帯保証も認められてしまいます。他にも例外があり、目的としては、貸し渋りを防ぐため、なんだそうで
   すが、これは効力が本当にあるのか少し疑問です。

③消滅時効を「5年」に統一
    消滅時効は、その業種によって期限がばらばらでした。それを、今回「債権者が請求できると知った時から5年」
   に統一されます。
    これで、基本的には「債権者が請求できると知った時から5年」「権利行使できる時から10年」を基にすれ
   ば良いということになり、分かりやすくなります。

④法定利率を「3%」に引き下げ、「変動制」に
    この低金利時代に対応する、ということで、法定金利が5%から3%へと引き下げられることになります。その後、
   3年ごとに市場金利の状況に合わせて変動させていくようです。

など、その他、まだまだ多くの部分で大小の改正が行われていくようです。


これから、どの部分がどのように変わり、それが我々の生活にどんな影響を与えるのか。
これは、生活だけでなく行政書士の業務にも直結してくるであろう改正ですので、しっかりと研究していきたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:仕事日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hummingbird322.blog.fc2.com/tb.php/30-4dc64588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

伊藤 淳

Author:伊藤 淳
ブログはボチボチ更新中。
趣味は、フットサル、神社巡り、音楽鑑賞(主にHR/HM、アニソンなど)。
現在、行政書士として、京都、奈良を中心に活動中。京都府木津川市の進学ゼミエストという塾で塾講師もやっています。
行政書士業務については、リンクより当事務所のホームページをご覧ください。


リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。