FC2ブログ
塾講師で行政書士の 徒然日記
仕事に関係あることやないこと、趣味の神社巡りやその時その時に感じたこと、思ったことを気ままに綴ってます。業務に関しては、本ブログのリンクから当事務所のホームページをご覧ください。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入試
本日は、京都・大阪私立の入試日。


私も早朝から、今日受験する生徒たちのお見送りです。
特別な日ではありますが、できる限り普段通りに。
一見、平気そうに振る舞っていても、やはり緊張は不安はあるものですからね。

あとは、それぞれが全力を出し切り、最良の結果へつなげてくれることを祈るぐらいしか、私にはできません。

しっかりやってこいよ~。


しかし、この時期はやはり毎年のことですが、質問対応に大忙しです。
集団の授業ではイマイチ理解できなかった部分、もうちょっと知りたかった部分、生徒によってそれぞれです。

そして、そういった部分を自習時間などに質問に来る。
授業とは違い、自分のペースで、自分の知りたい部分をピンポイントで聞くことができ、また、こちらもその生徒のレベルに合わせた解説をすることができるので、より本人の腑に落ちやすいんですね。

中には、ちゃんと授業を聞いてなかったな、と思うこともありますが...

それでも、一通り解説が終わると、目に見えて表情が変わり、「すごいスッキリしました」とか、「やっと頭の中で流れがつながりました」との言葉。
これを聞くと嬉しくもあり、ホッともします。
ただ、人間は忘れる生き物ですので、油断は禁物ですが。


そうして、あらためて「人にものを教える」というのは難しいな、と思います。

よく、人に10のことを教えるなら、こちらはそれ以上に分かっていないといけない、といったことを言われますが、その通りですね。

分かっていない人に対し、分かっている人のレベルで話してもチンンプンカンプンでしょう。
教える側は、分かっていない人のレベルに合わせる、つまりレベルを落として、かみ砕いて簡潔に伝えなければなりません。やたら専門用語などを使うのは、教える方は楽ですが、教わる方は何のことだかわかりません。
ですので、そのテーマに関するより深い部分や、本質を捉えておかないと、「分かりやすい説明」はできないと思っています。


この辺りは、いろんなことに通じる考え方ではないでしょうか。
この塾講師業はもちろん、行政書士業にしてもそうです。


もちろん、日々研鑽し、知識を蓄積していくことも大事なのは大前提ですが、単に「難しいことをいっぱい知ってる人」より「分かりやすく話してくれる人」を目指したい

一通り生徒たちを見送った後、そんなことを考えてみました。


スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hummingbird322.blog.fc2.com/tb.php/57-f88cf0d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

伊藤 淳

Author:伊藤 淳
ブログはボチボチ更新中。
趣味は、フットサル、神社巡り、音楽鑑賞(主にHR/HM、アニソンなど)。
現在、行政書士として、京都、奈良を中心に活動中。京都府木津川市の進学ゼミエストという塾で塾講師もやっています。
行政書士業務については、リンクより当事務所のホームページをご覧ください。


リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。